タイムズカーシェアリング禁止事項

MENU

タイムズカーシェアリングのペットの同乗について

実は、タイムズカーシェアリングはいままでペットの同乗が可能でした。
ただし条件として、ケージに入れるというのが条件だったんですね。
ですが、実際には、ルールを守らない運転手が多数存在していたようで、
車内にはペットの毛が散乱している状態です。
次の利用者が、ペットの毛が落ちていることをタイムズカーシェアリング本部に連絡するとわざわざ、本部のスタッフがそうじをしに来てくれるのですが、そのたびに、車が貸し出し停止中となってしまうのです。

ちなみに、タイムズカーシェアリングの利用の際に、カーナビの部分で、
ゴミやペットの毛が落ちていませんか?
いやなニオイはないですか?
という質問を毎回、ボタンで答えるようになっているのです。

 

2014年1月8日からペット禁止

2014年1月8日からタイムズカーシェアリングでは、たとえケージに入れていたとしても、ペット自体は同乗が禁止となりましたのでご注意ください。


灯油の車内積載も禁止となりました。

なんと、灯油までもが灯油の車内積タイムズカーシェアリングは禁止となりました。
この、寒い季節に車を持っていない人が、ガソリンスタンドにわざわざ買いに行くのに
カーシェアという方法は、かなり便利のはずです。
それが、禁止となるのは、ちょっと気の毒なような気がしますね。

 

ですが、禁止となった理由としては、やはり灯油の嫌なニオイが充満しているのですね。
それで、次の利用者が臭くて利用できない!というクレームが多発したようです。

また、引火等の危険性も考えるとタイムズカーシェアリング運営側も禁止という手段をとらざるを得なくなったようです。
こちらも、同日の2014年1月8日から禁止となっておりますので、ご注意ください。